カンボジア・プノンペン ジャパン ライフ クリニック 2018年2月21日

 

2018年2月21日

訪問施設 カンボジア・プノンペン ジャパン ライフ クリニック

訪問者 社団法人GATS理事 池間 真吾

カンボジア・プノンペン市
『ジャパン ライフ クリニック』


一昨日に続き2回目の旅行透析です。
朝8時入室、8時20分穿刺・透析スタート。15時20分止血までの7時間旅行透析体験です。
コンソールはJMS、ダイアライザーはNIPRO。
カーテンで仕切れるので準個室風にプライバシーあり助かります。

一昨日に旅行透析した際に採血した結果をドクター達が説明に来てくれましたが、7時間透析を週3回するとこんなに血液検査データが良いのか、と驚いていました。カンボジア人患者さんは3〜4時間透析で週1〜2回しかしていない血液検査データをいつも見ているので、相当なギャップがあったようです。

  
透析中はナースがマンツーマンで専属で付いてくれます。

  

旅行透析が始まり2時間弱ほど経過した午前10時頃からなぜか写真撮影ラッシュで1時間ほど続いています。医師団、看護師、看護学生、他院の医師など次々と私のベット周りに集まり写真大会(笑)。
なんか動物園のパンダにでもなった気分です。

  

  

  
かつ、私の透析検査データや日本から持ってきた透析条件書を元に、医師団が色々話し合ったり、看護学生への実習授業が始まりました(笑)。お役に立てれば何よりです。しっかり長時間透析のデータがよほど興味あるようです。

  

12時正午ちょうど、昼食配膳です。私のリクエストに応えてくれてカンボジア焼きそば。太麺に甘辛ソースがあい美味しいです。
  
15時半に止血、7時間旅行透析終了。医療費支払いを済ませます。
これからジャパンライフクリニックが近々移転拡大オープンするとの事で、工事中の新ビル見学・視察に向かっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA