台湾 | 海外の透析食

台湾 | 海外の透析食

1食の目安

塩分:2.0g     カリウム:約650mg     リン:約300mg

芥菜炒(ジエツァイチャオ)
※高菜炒め

芥菜炒(ジエツァイチャオ)
一杯 塩分 カリウム リン
芥菜炒 3.9g 1438mg 174mg

日本で高菜と言えば「高菜漬け」が有名ですが、台湾では、高菜にあたる野菜を芥菜(かいさい)といい、主に炒め物かスープの具、あるいは日本と同じように漬物にします。

炒め物やスープの具材にすると、芥菜の苦味と辛味が独特の風味を楽しむことができます。初めは、この苦みが得意でない人も、何回も食べている内に、芥菜の苦味のなかにほのかな野菜の甘味を感じ、辛味と一緒になってやみつきになる一品です。

ヒトの粘膜や皮膚、免疫機能に関係するβカロテンが豊富に含まれるため、旅先での風邪予防に役立つ可能性がありますが、カリウムが多く含まれているため、食べすぎないようにしましょう。

涼拌黄瓜(リャンバンホァングア)
※台湾式キュウリのピリ辛浅漬け

涼拌黄瓜(リャンバンホァングア)
一杯 塩分 カリウム リン
涼拌黄瓜 3.6g 696mg 134mg

涼拌(リャンバン)はサラダや和え物を、黄瓜(ホァングア)はきゅうりを意味し、台湾の飲食店で野菜系の総菜として人気があり、前菜としてもよく並べられます。ニンニクとごま油の香りが食欲を刺激し、唐辛子の辛味が全体の味を引き締めサッパリと食べやすい料理です。

台湾の家庭料理では、野菜は加熱して食べることが多く、生野菜を食べる習慣がほとんどありません。そのため、台湾の庶民料理の中では唯一の生野菜料理と言えるのかもしれません。

一皿の量が多い場合には、全部食べると塩分、カリウムともに多くなりがちですが、おつまみとして少し食べる分には特に問題ないと考えられます。

珍珠奶茶(ゼンチュウ ・ナイチャー)

珍珠奶茶(ゼンチュウ ・ナイチャー)
一杯 塩分 カリウム リン
珍珠奶茶 0.1g 250mg 90mg

※500ml で栄養価計算(店舗によって誤差があります)

今回ご紹介する台湾料理は『珍珠奶茶(ゼンチュウ・ナイチャー)』です。

「珍珠奶茶」は、日本語でいうと「タピオカミルクティー」のことです。

台湾人は、もちもちとした弾力=QQ 感が大好き。代表的な食べ物といえばタピオカです。
特に、台湾では、ブラックタピオカを用いたジューススタンドがあらゆるところにあります。

ブラックタピオカの原料は、キャッサバ芋の澱粉です。
「珍珠奶茶」は、乾燥したタピオカを戻すときに、水と多めの黒砂糖につけます。そして、戻したタピオカに甘いミルクティーを注ぐと出来上がりです。とても美味しいのですが、とても甘いです。店舗によっては、お砂糖の量が変えられますのでお好みの量にするといいでしょう。
また、台湾は暑い国なので売られている飲み物の量が、500ml を超えることがあります。
水分補給は、欠かせませんが同時に、ジュースに含まれている砂糖の摂取量も多くなりますので気を付けてください。(台湾のコンビニに売られているお茶にも砂糖が...)

「珍珠奶茶」は、タピオカを甘くするための黒糖が多く含まれています。また、ミルクティーに用いられる牛乳によってカリウム、そしてリンも多くなります。飲みやすいのですが、水分量も調整しながら嗜みましょう。

魯肉飯(ルーローファン)

魯肉飯(ルーローファン)
一杯 塩分 カリウム リン
魯肉飯 2.5g 390mg 180mg

※豚バラ肉 100gで栄養価計算(ご飯は除く)

今回ご紹介する台湾料理は『魯肉飯(ルーローファン)』です。

「魯肉飯」は台湾風肉そぼろかけご飯といったところでしょうか。台湾の丼ものの代名詞といっていいほど、ポピュラーな料理です。

細かく刻んだ豚バラ肉に生姜やにんにく、八角、五香粉などの香辛料を用いて甘辛く味付けをした一品で、ご飯に甘辛いタレを絡めて食べたら病みつきになってしまいます。

魯肉飯(ルーローファン)

また、魯肉飯の缶詰も販売されており、お土産にすると 八角の味に慣れている方には喜ばれます。

魯肉飯に含まれているカリウム、リンは、あまり多くはありませんが、塩分が気になるところです。ご飯にたっぷりタレがかかっている場合は、避けるといいでしょう。お店によっては、漬物や卵が付いてくる場合もあります。

台湾では、料理の「大・小」を選ぶこともできるので、「小」を選ぶことで全体的なバランスも調整しやすいと思いますので、料理の大きさも参考にしてくださいね。

小籠包(ショーロンポー)

小籠包(ショーロンポー)
一杯 塩分 カリウム リン
小籠包 0.3g 43mg 20mg

※小籠包1個当たり30gで栄養価計算 (黒酢、しょうがは除く)

今回ご紹介する台湾料理は『小籠包(ショーロンポー)』です。

たっぷりのスープとジューシーな肉あんを包んだ小龍包は、台湾旅行で必ず食べたい定番料理です。
本来、小籠包は台湾料理ではなく上海料理になりますが、今現在は台湾料理として日本を始め、世界中で有名です。

小籠包には、食べ方にマナーがあることをご存知でしょうか?まず、レンゲに小籠包をのせ、箸で皮を破り、あふれてきたスープを味わい、(ヤケドに注意してくださいね)そのあとに、黒酢を少したらして、皮と具を食べるとよいでしょう。
本場の小籠包は、日本で食べる小籠包とは、ひと味もふた味違う深い味わいを楽しめると思いますので、是非一度召し上がっていただきたい一品です。

今回は、1個あたり重量(約 30g 前後)の栄養価計算をしています。店舗によっては、味や大きさが多少変わりますので、目安にしてくださいね。
小籠包は、食べる量を調整しやすいので、気軽に楽しむことができますね。

葱油餅(ツォンヨービン)

葱油餅(ツォンヨービン)
一杯 塩分 カリウム リン
葱油餅 0.6g 90mg 30mg

(※広げた時 約20cmで栄養価計算)

今回ご紹介する台湾料理は『葱油餅(ツォンヨービン)』。

台湾を代表するB級グルメともいえる「葱油餅(ツォンヨービン)」は、台湾のねぎ入りお好み焼きパイという感じです。
ねぎは、台湾のどこでも手に入る材料で、農家の人が休憩するときの軽食として食べられていたと言われています。

基本材料は、とてもシンプルで、小麦粉、ねぎ、塩、油をまぜて多めの油で焼くので、表面がサックサクとして中がもっちもちの食感が楽しめます。

葱油餅(ツォンヨービン)

屋台では、「卵」「チーズ」「ハム」などを追加で入れることができますが、どうしても「リン」の摂取が多くなるので少し避けたいところです。ちなみに、「加蛋(ジャーダン)」は、「卵入り」という意味なので覚えておくとなにかと便利かもしれません。

「葱油餅」は、このボリュームで塩分、カリウム、リンが基準内に入るため、優秀なB級グルメですが、油が多く使われており、さらに、油で揚げている屋台もあるので、高カロリーになります。食べすぎには注意しましょう。

鹹豆漿(シエントウジャン)

鹹豆漿(シエントウジャン)
一杯 塩分 カリウム リン
鹹豆漿 1.3g 770mg 200mg

今回ご紹介する台湾料理は『鹹豆漿(読み:シエントウジャン)』です。

鹹豆漿とは、「鹹=塩味」「豆漿=豆乳」を意味します。

温かい豆乳に、ラー油、ごま油、醤油などで味づけすることで、大豆の甘さが引き立てら れます。また、口当たりがなめらかで、酢を入れるとおぼろ豆腐(やわらかい茶碗蒸し)の ような食感になり、食べる豆乳スープと言っていいほど、ほっこりする味にであえます。
店舗によりさまざまですが、トッピングに、揚げパン(油條)や干しエビや肉そぼろ、ねぎなどが入ることがあります。特に、サクサクの揚げパンと「鹹豆漿」の相性は最高です。

ちなみに、「鹹豆漿」は、台湾のポピュラーな朝食になるので店舗によっては、早朝から昼過ぎまでしか営業していないこともあるので、営業時間をチェックしてくださいね。

「鹹豆漿」は、主に豆乳を用いる料理ですので、カリウム、リンが高くなります。また、大きめの丼ぶり茶碗ででてくることがあるので是非シェアして食べるとよいでしょう。
「鹹豆漿」は揚げパンを除くとカロリーも低くヘルシーな一品ですので、カリウムの低い他の料理と組み合わせるとバランスが良くなります。

海外の透析食Topに戻る