台湾 | 海外の透析食

台湾 | 海外の透析食

1食の目安

塩分:2.0g     カリウム:約650mg     リン:約300mg

芥菜炒(ジエツァイチャオ)
※高菜炒め

芥菜炒(ジエツァイチャオ)
一杯 塩分 カリウム リン
芥菜炒 3.9g 1438mg 174mg

日本で高菜と言えば「高菜漬け」が有名ですが、台湾では、高菜にあたる野菜を芥菜(かいさい)といい、主に炒め物かスープの具、あるいは日本と同じように漬物にします。

炒め物やスープの具材にすると、芥菜の苦味と辛味が独特の風味を楽しむことができます。初めは、この苦みが得意でない人も、何回も食べている内に、芥菜の苦味のなかにほのかな野菜の甘味を感じ、辛味と一緒になってやみつきになる一品です。

ヒトの粘膜や皮膚、免疫機能に関係するβカロテンが豊富に含まれるため、旅先での風邪予防に役立つ可能性がありますが、カリウムが多く含まれているため、食べすぎないようにしましょう。

涼拌黄瓜(リャンバンホァングア)
※台湾式キュウリのピリ辛浅漬け

涼拌黄瓜(リャンバンホァングア)
一杯 塩分 カリウム リン
涼拌黄瓜 3.6g 696mg 134mg

涼拌(リャンバン)はサラダや和え物を、黄瓜(ホァングア)はきゅうりを意味し、台湾の飲食店で野菜系の総菜として人気があり、前菜としてもよく並べられます。ニンニクとごま油の香りが食欲を刺激し、唐辛子の辛味が全体の味を引き締めサッパリと食べやすい料理です。

台湾の家庭料理では、野菜は加熱して食べることが多く、生野菜を食べる習慣がほとんどありません。そのため、台湾の庶民料理の中では唯一の生野菜料理と言えるのかもしれません。

一皿の量が多い場合には、全部食べると塩分、カリウムともに多くなりがちですが、おつまみとして少し食べる分には特に問題ないと考えられます。

海外の透析食Topに戻る