フィリピン・マニラ 神戸クリニック 2017年8月28日

訪問施設 神戸クリニック

訪問者 一般社団法人GATS理事 池間 真吾

(株)旅行透析兵庫支社長 宮崎 衛

今回のフィリピン・マニラ訪問の最重要目的は、マニラ・神戸クリニックに、透析液のエキスパート楢村友隆先生(東亜大学准教授・カンボジア国際大学客員教授)をお連れして透析液など透析室の清浄状態を調査していただく事でした。
楢村先生はなんと神戸在住(笑)。縁があります。

 

透析器から液を採取
採取した液を検査機器へ注入
楢村先生と山本先生
検査結果

検査の結果、電解質には問題はありませんでした。

神戸クリニックでは更に水質浄化向上に取り組んで行くために、設備を改善するとのことです。

 

*追記 フィリピン国内の保険では、ダイアライザーは再使用することとなっています。そこで神戸クリニックでは間違いを起こさないように、旅行透析の方には目の前でダイアライザーを袋から取り出し、セット、プライミングを始めます。

目の前で開封します

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA